募集要項や条件について

  • 審査基準を教えてください。

    当財団の趣旨に沿っていること、また取り組む地域課題及び目的が明確であり、かつ継続的に事業を実施する体制が期待できる事業を優先いたします。

  • 若者を応援する財団かと思いますが、「若者」は何歳くらいと考えていらっしゃいますか?

    40歳位までを考えていますが、それ以上だと不採択ということはありません。また、若者を対象とする事業であれば問題ありませんので、実施者の年齢は問いません。

  • 支援対象は石川県加賀市の事業所のみとなりますか?

    事業が展開されるフィールドが加賀市であれば、市外の事業所であっても問題ありません。

  • 複数の事業を申請しても問題ありませんか?

    問題ありませんが、複数事業が同年度に採択されるということは基本的にはございません。

  • これからスタートさせる事業についても対象となりますか?

    新規事業も対象となりますが、その事業の継続可能性を重視いたします。

助成金について

  • 採択後は、まず概算 80%払いとなっていますが、早めに事業が完了した場合、報告を終えた時点で 残りの 20%をいただくということも可能なのでしょうか。

    報告が完了した時点で、残りの 20%を支払うことは可能です。

  • 備品については補助の対象になりますか?

    備品も対象となります。しかしながら、その備品を購入する必要性と地域への還元性を鑑みて総合的に判断いたしますので、申請の時点で備品の内容や購入の根拠を記載していただきますようお願いします。また、全体事業費に対して備品の割合が高い事業については、内容に応じて優先順位を低くするものとしますのでご注意ください。

  • 人件費については補助の対象になりますか?

    補助の対象外となる項目は【工事費】と【飲食費】です。そのため人件費については対象となります。し かしながら、補助限度額全てを人件費に当てる事業というのは想定していません。事業内容や申請内容を見て1つ1つ判断さ せていただきます。

  • 人件費については補助の対象になりますか?

    補助の対象外となる項目は【工事費】と【飲食費】です。そのため人件費については対象となります。しかしながら、補助限度額全てを人件費に当てる事業というのは想定していません。事業内容や申請内容を見て1つ1つ判断させていただきます。

自主財源化・自己資金について

  • 自主財源化が難しい事業もあるかと思いますが、そういった事業はどう判断されるのでしょうか。

    今すぐの自主財源化が難しい事業もあるかと思います。しかしながら、補助金のみでの活動を”継続”とするだけではなく、「数年後はこういう風に継続・発展させていきたい」というような思いを持っていただいた上での申請を期待いたします。

  • 自己資金が0円の団体でも申請可能でしょうか?

    可能です。その団体が今後の継続性をどう考えているか というのを重視して判断いたします。

あくるめ財団について

  • あくるめ財団は、どのような人たちが集まってできていますか?

    地域の起業家や、子育てサークルを立ち上げて長年加賀市の子育てに関わっている人、行政と連携しながら地域の活動を行なっている人など、多様な経歴のメンバーで構成されています。

  • あくるめという名前はどんな意味ですか?

    ”あくる”は明日・明ける・開けるという未来のこと、”め”は芽のことを。二つの意味を重ね、未来に繋がる芽を育てる財団になってほしいという想いで名付けられました。

事業内容について

  • 助成事業とはなんですか?

    子どもたちの未来のための事業や地域の活力となる事業を行う個人・団体に対し、補助金の支給の他、アドバイスや相談をしながらあくるめ財団と一緒に作り上げていく事業のことです。

  • 自主事業とはなんですか?

    あくるめ財団が主体となって取り組む事業です。子育てや教育に関するものはもちろん、地域内の交流やマッチングを促進するイベント等を財団で主催し地域の活性化を図ります。

採択後について

  • 事業実施の検査や視察はありますか?

    採択された事業について、事務局が見学に伺うケースがございます。