非営利団体インタビュー @大聖寺わがまちビジョン推進委員会

2021.08.13
お知らせ

8月13日、大聖寺わがまちビジョン推進委員会さんにインタビューさせていただきました!

大聖寺わがまちビジョン推進委員会は、大聖寺の地域づくり推進協議会の下部組織として生まれた委員会です。 若者の意見をまちづくりに反映させようという想いを掲げ、発足したそう。

今回インビューさせていただいたのは、伊林さんとスギヤマ酒店の杉山さん。 若者の意見を採用するために生まれた委員会とはいえ、なかなか若者は参加しておらず、どのように若者のまちづくり参画を進めていくのがよいのか、と課題もお話してくださいました。

大聖寺は2021年3月に歴史まちづくり法に基づく「歴史都市」に認定されました。 石川県内での認定は2009年の金沢市に続き2例目となり、金沢は歴史都市に認定されてから21世紀美術館や東茶屋街など歴史と文化、アートに触れることができる都市として歩み始めたそう。 そのときの活動に伊林さんも深く携わっていて、その経験をもとに大聖寺にも若者やファミリー世代、観光客からみても魅力的なコンテンツをつくっていきたいと熱く語ってくださいました。

そのためにはやはり若い人のまちづくり参画がなにより重要とのこと。

まずは知ることから。 大聖寺わがまちビジョン推進委員会は毎月定例で開催しており、オブザーバーとしての見学も歓迎とのことです。

興味がある方は、スギヤマ酒店さんにご連絡してみてください。

私たちも大変勉強になりました。 とても貴重かつ興味深いお話をどうもありがとうございました!

※写真を撮り忘れてしまい、大聖寺十万石祭りの写真を掲載しています

この記事をシェアする

FacebookTwitterLINE