新!大学入試改革説明会
レポート

2019.07.25
お知らせ

昨日、あくるめ財団の教育事業として開催された「新!大学入試改革説明会」が交流プラザさくらで行われました。

あくるめ財団では、これまでも未就学児に自然体験を届ける「あくるめ森の探検隊」など様々な自主事業を開催してきましたが、今年度からは高校生の教育や未来を支える事業を展開してまいります。

その第一歩として、北陸大学の藤岡慎二先生にお越しいただき、「これから求められている教育の在り方」「主体的・対話的で深い学びの必要性」を説いていただきました!

およそ35名もの保護者・高校生・教育関係者の方々にご参加いただき、想像以上の衝撃をうけた方も多く、終了後も藤岡先生に個別で相談する列が生まれるほどでした。

あくるめ財団では、8月より有志の高校生を募集して「高校生マイプロジェクト」をスタートさせます。このプロジェクトでは、藤岡先生も述べていた探究型学習を実践的に行なっていきます。(詳しくはレポート書きますのでお待ちを!)

この日、保護者の方から「この入試改革で国は何を目指しているのか?」という質問がありました。この質問に対して藤岡先生の「未来に求められている人を育てるというよりも、もはや未来を作れる人を育てようとしている」という答えが印象的でした。

現在、マイプロジェクトへの参加を希望する高校生を募集中です!詳細は以下ご覧ください!(山田)

////////////////

高校生マイプロジェクト in kaga

開催時期:8月-10月

内容:3ヶ月間のなかで、高校生は地域の大人と共に自分のマイプロジェクトを育てます。日常生活で気になることに問いを立て、調べ、行動し、伝え、振り返ることを一貫して行うことで、探究学習を実践します。

定員:10名(先着)

※8月後半にまず第一回目を開催しますが、高校生のスケジュールに合わせるためいくつか候補を設けています。興味があるかたは直接お問い合わせください。

問合せ先:飯貝 誠
電話 070 5635 0061
メール info@akurume.com

※なお、この事業はあくるめ財団を主体としてまちづくり学校『かがやき塾』と一緒に行っていきます。

この記事をシェアする

FacebookTwitterLINE