ライアーストレッチ開催!

2018.11.21
助成事業

2018年7月、身体も心もほぐされ癒される”ライアーストレッチ教室”が加賀市南郷町のバレエスタジオで開校しました!

ライアーとは、竪琴の1つで、ドイツ発祥の楽器です。
弦をなでて奏でるその優しい音色は、他の楽器よりも振動数がゆったりとしていて、ヒーリング効果があると言われています。

ライアーの癒しの音に耳を傾けながら、身体をもっと自由に自分らしく動かせるようになるメソッドと、バレエのストレッチ要素を組み合わせたプログラムが、ライアーストレッチです。

講師は、普段このスタジオでバレエ講師を務め、振付作品の制作やダンサーとしても活動する横谷理香さん。現在1児の母でもある横谷さんの「芸術をより身近に感じてほしい、子ども連れのお母さんにも思いっきり身体を動かしてほしい」との想いから、このライアーストレッチ教室はスタートしました。

ライアー奏者は、金沢を拠点に活動されている本倉晶子さん。加賀でライアーの生演奏を聞ける貴重な機会です。毎月第3水曜日開催のライアーストレッチ教室は、今回で5回目。

この日は、子育て中のママから80代のご年配の方まで、幅広い年代の方8名の参加がありました。

プログラムは、全部で90分。まずは床にゴロンと寝転がって、身体の隅々に意識を巡らせるところから始まります。スタジオに絶え間なく流れるライアーの優しい音色のおかげで、余計なことを考えずに自分の身体に集中することが出来ます。

その後、腕、足、背中…身体の様々な部位を伸ばしたり、ひねったり、ググッと縮めたりしながら、ゆったりとしたスピードで身体を動かしていきます。 
最初に身体を隅々まで意識するからか、普段よりも動かす手や足への感度があがっているのを感じます。ストレッチの気持ち良さを感じつつも身体に程よい負荷がかかり、スローな動きですがじんわりと気持ちのいい汗をかくことが出来ます。

休憩をはさんだあと、後半は、ちょこっとダンスタイムです。毎月内容は変わるとのことですが、この日はペアで手を合わせながら動くワークをみんなで体験しました。参加者同士で楽しい時間を共有することで、さらに身体と心がのびのびとするのを感じていただけます。

ラストはもう一度、床に仰向けになり、全身に意識を巡らせます。ライアーの美しい音色に奏者本倉さんの声が重なり、ほぐれた心と身体がより一層癒されます。レッスン前と後の身体の感覚の違いを、ぜひ体感していただきたいです…!

お子様連れの参加もOKです。ママはもちろん、パパやおじいちゃんおばあちゃん、どなたでもご参加いただけます。終了後は、みんなでお茶をしながら楽しいおしゃべりタイムもありますので、ぜひ気軽にお越し下さい。

あくるめ財団では、ライアーストレッチの開催費用やリーフレット作製費を支援するとともに、子ども達に「本物の舞台」を届けるための横谷さんの活動も支援しています。大人の方もお子さんも、普段は触れる事の少ない芸術をより身近に感じていただく機会にしていただきたいです。

この記事をシェアする

FacebookTwitterLINE